看護師3年目。目標を見失っています。

看護師3年目。目標を見失っています。


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


新人として働き始めたときは、本当に毎日、仕事を覚えることに必死ですし、あっ。と言ったら。


・・・いえ、あっ。という間に1年が過ぎ。


2年目になると、少しだけ周りの状況が見えるようになり。


リーダー業務やら、係の仕事やら、プリセプターやら看護研究やらでいろいろと仕事を任されるようにもなります。


その間、自分なりの、あるいは上司に提出する個人目標だったり、とにかく、何がしかの「目標」を掲げて頑張ってきたのではないでしょうか。


ところが、3年目以降、仕事がある程度、できるようになってくると、色々な意味で刺激が少なくなり、単調な毎日・・・の繰り返しが続く時期があります。


看護が面白くなってくるという方もたくさんいますが、中には「何となく、刺激がないというか・・・」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


あなたは、いかがですか?(^-^)


「これまで、急性期で働いてきたから、もうちょっと、ゆっくりとした科で働きたいな・・・」とか。


「総合病院じゃなくて、循環器を勉強したいから、循環器専門の病院で働いてみるのもいいかな」とか。


いろいろと違う分野に興味がないわけではないけれど、新しい科に転職する・・・というところまでにはいかないし・・・。 と、悶々とする時期もあるのではないでしょうか。


これまで、大なり小なり目標を立ててあなたなりに頑張ってきたのであればなおさら、ジレンマを感じやすいのかもしれませんね。


でも、そういうときって、目標を無理やり作るのもおっくうだったりします。。。


そんな時は、あえて、目標を作らないでいることをおススメします。


もしもあなたが、目標がない毎日を過ごすことに、なんとなーく「・・・このままでいいのかな・・・」などと感じたままでいるのであれば。


「何事にも一所懸命に取り組まない人生なんて、味気ない」という深層心理が働いているのかもしれません。


あるいは、「やりたいことのない人生なんてつまらない・・・」とか。


「目標のない私って、ダメだよな・・・。やっぱり・・・」とか。


それで、ふと、私の場合はどうだったかを考えてみました。


私は、一度、目標を掲げたら絶対に達成すると言ってもいいほどのエネルギーは持っていましたが。


人生の目標で意識したことなんて、大してないな~。なんて思ったりします。


しいていえば、公立校合格と、看護学校合格、国家試験の合格そして、コーチやカウンセリングの資格取得に関しては、明確に目標を決めて、淡々とやり続けました。


でも、それ以外は「・・・ん・・・?あら・・・思っていたほど、ないわ(爆)」な感じでした。


そして、今は別にこれといって、あまり目標らしい目標はなかったりもします。


大切な考え方は、「目標がない人生=つまらない人生」ではない。ということ。


あなたにとって、目標が必要なステージに来た場合、それは、思いがけない形である日突然、やってくることがほとんどです。


そのためには、無理に目標を探さないこと。


そして、特に目標が必要ではないステージにいると感じている場合は、ただただ、毎日を過ごすのではなく、いろんなことを感じて「感性」を磨いていくこと。


そういう無理のない姿勢で毎日を送ることによって、自然と新たな目標が見つかるのかもしれません。


目標のない人生は、つまらない。味気ない。


過去のある時期の私は、そう感じていた部分が確かにあったような気がしています。


ですが、今、これといって達成したい目標がなくても (正確にはあるっちゃありますが、固執していません) 毎日が充実した時間を重ねていくことが大事なのではないかと、最近は感じています。


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』