絶対に怒りを出してはならない相手に怒りを感じたときの対処方法

絶対に怒りを出してはならない相手に怒りを感じたときの対処方法



こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。



基本的に、相手に怒りをそのままぶつけることは、自分にとってもリスクが高いので、あまり好ましいことではないのですが・・・。


やはり、私たちは人間。


上司や患者さんに対し、頭に血が上るほどの怒りを感じることだって、ありますよね(^-^)


もしも、あなたの怒りがすぐに頂点に立つ頻度が高い場合。


そういうときは、怒りが頂点に達した「そのとき」に「どうやって怒りを鎮めるのか」とう視点で考えるよりも、 「日常的に心穏やかに過ごす時間をどうやって増やすか」という視点で考えていくことにより、次第に怒る回数が減っていきます。


じゃあ、瞬間的に怒りを感じたときにはどうするか。ということなんですが、まずは、あなた自身が今、「超頭に血が上っている」ということに、まずは「気づく」という訓練をしていく必要があります。


意識することなしに、感情のコントロールはできませんので(^-^)


怒っていることに、とにかく気づいて、「あ。ヤバい。自分ではこの怒りを止めることができない」。と思ったとき。


次の言葉をあなた自身に投げかけてほしいんです。


「私、○○さん(相手)が(無意識に仕掛けてくる)罠には絶対にはまらないから」と。


実は、この言葉は非常に深い「カラクリ」があるのですが、今ここで説明してしまうと、逆に難しくなるので省きます。


もちろん、相手が悪意をもって、意図的に「ワナ」を仕掛けてくるわけではありません。


ぶっちゃけて言うと、無意識に「ワナ」(?)を仕掛けているのは他でもない「あなた自身」だったりします(^-^)


でも、怒りが頂点に達しているときには、「(どちらが罠を仕掛けているか)そんなことどーだっていい!」と思っちゃいますよね。


ですから、相手があなたに対してぶち切れたときにあなたが逆ギレしたり。


あるいはムカつくことを言われたり。ムカつく態度をされたりしたときにはまず、 「あなたの仕掛けるワナにははまらないよ」と、こころの中で何回かつぶやいてみてください。


なんとなーく、この言葉に抵抗がある方は、「あなたが出すエネルギーに私は同調しない」でもよいです(^-^)


やってみたご感想をぜひ、お聞かせくださいね(^0^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』