遠まわしに言う位なら、直接私に言ってくれればいのに・・・

遠まわしに言う位なら、直接私に言ってくれればいのに・・・


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


仲間と楽しく会話をしているときに、


「なんか私って、仕事したあと、きちんと片づけない人とか嫌いなんだよね~」


とか。


「なんかいまいち、話しかけてもノリが悪い人って苦手だわ~」 などという会話が耳に入ってきたとき。


「あら・・・。それって・・・もしかして、遠まわしに私のことを言ってるのかな・・・」と、気にかけてしまうことはないですか?


一度、「私のことかも・・・」と気にかけてしまったら、その瞬間から頭の中はもうそのことでいっぱい。


家に帰っても、「いや~・・・。やっぱり、私のことだよね・・・。あの発言は・・・」ともんもんとする。


そして、考えに考えた後で、「・・・っていうかさぁ。そんな遠まわしに言うくらいなら、直接私に言えばいいのに・・・」って、ムカムカした経験はないですか?


未だに私も、ちょっとした会話の中でも「・・・!!それって、あたしのこと?!」と、数分、頭の中がぐるぐるします。


で、私の経験上なんですが、「これって、考えすぎですか?」と聞かれると、 8割は「気のせいです(^-^)」と思っています。


しかも、そういう方って、ほんとに直接言われたら言われたで、また頭の中がぐるぐるしやすいんですよね(^-^;)


仮に、相手が本当に、わざと意図的に、遠まわしにあなたのことを言っているとしましょう。


結論を言いますと、相手の遠回しの部分まで察する必要はありません。


だって、相手の人、遠まわしに言うだけの余裕があるんですもん。


ほんとに仕事などに支障が出るくらいのことなら、直接言うか、角が立ちそうな内容であれば、師長や主任に言ってもらうよう、お願いしますもん。


だからある意味、相手の発言に対し、過度に神経質になる必要はありません。


でも、何が一番つらいかって、「直接、私に言ってもらえない」ことではなく。 「言われっぱなしになっているこの状況」だったりしませんか?


少なくとも私は、さんざん、言われたい放題言われた経験があります。


私からすれば、その100倍、言い返したいことはありましたが、ぐっとこらえた経験も山ほどあります。


「ほんと、言ったもん勝ちだよな。。。」と、相手に対し、呆れ返って弁明することすらアホらしく感じることもたくさんあります。


だから、たとえ遠まわしであろうと、直接言われようと、「なんで私が一方的に悪いみたいな状況になってんねん!!」と感じたとき。


そして、言い返せない状況になればなるほど、黙っている自分がときどき、苦しくなるんですよね。


話はちょっと、ヨコミチにそれましたが。


実は私の場合、「遠まわしに私のこと言ってる?」と思ったら、可能な限り「あ゛れ゛。それってもしかして私のこと?!」とか。


「うわっ!ごめ~ん。それ、私のことだ!!今度から私も気をつけよ~っと」って、言っちゃいます。


可能な限り。というのは、その度にあんまりしつこく言い続けると、「正直、別にあなたのことを言ってるわけじゃないのにいちいち反応されるとちょっとウザい(^-^;)」と思われてしまう可能性もなきにあらず。だからです。


しかも、深刻にカミングアウトすればするほど、「・・・ウザッ」となりやすいので、できるだけ爽やかに言います。


きっと、「もしかして、それ、私のこと言ってる?」と気に病む原因って、相手から「遠回しに言ってるのに自覚すらできないの?」と思われるのが嫌だからなのではないでしょうか。


で、たいてい、相手から返ってくる返事は、仮に「あなたのことだよ~」だとして

も、「あなたのことじゃないよ~(笑)」なんですが(笑)


でも、ぶっちゃけ、「あなたのことじゃないよ~(笑)」という言葉が聞きたいだけだったりもするんですよね。


時々、「うん。そういえばあなたも、そういうところあるよね」と、ドストライク!の返事が返ってくることもあるんですが、


そんなときには「あは☆気をつけま~す」でいいんだろうと思います。


やはり、遠まわしに言われっぱなしでレスポンスできない状況の方が辛いの

で、返答できる機会があるだけ、ありがたいんだろうな・・・なんて思う、今日この頃です。

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』