指導者と新人の間の不愉快な距離は何cm?

こんばんは。看護師の悩み解決カウンセラーの坂口です。


あなたは「物理的距離感」という言葉をごぞんじですか?


私が新人の頃、指導してくれた先輩がある日、私の仕事が終わるまで、気を遣って待っててくれたんですね。


看護記録を書いている横で、「本当にさ、色々大変だよね。毎日遅くまで残って」とねぎらいの言葉。


「シュークリーム、あるからさ。後で一緒に食べようね」などと声をかけてくれ、何て優しい人なんだろう。と思いたかったのですが。


その時は、どうしても思えなかったんです。


逆に、イライラして、どうしようもなかったんです。


まぁ、よくある突っ込みどころは「話し掛けないで。記録が進まないから」というところなんですけど、その時の私はそういう理由ではなかったんです。


なぜ、そんなにもイライラしていたか。


先輩は、ほぼ、私との距離、数cmでぴったりとくっついていた。からなんですね。


人と人との間には、居心地のいい距離と悪い距離があります。


アメリカの「E.T.ホール」の対人距離論によると、恋人とか夫婦関係の場合の快適な距離は、「ぴっとり」とくっついているか、45cm程度。なんです。


しかし、上司、部下の場合の社交的な距離の場合、最低1m以上は必要なんです。


つまり、先輩は、私の快適に感じる距離を超えていたのです。


ですので、指導する時にはあまりにも近い距離で見守ると、相手が生理的に不快感を持ってしまう場合がありますのでご注意ください(^-^)


ちなみに、以前、私が大好きだった先輩には、わざと密接してみたことがありました。


すると先輩は面白い位、無言で私から離れた距離を保ちますので、それがまた面白くてわざとくっついていたこともありました(笑)


それくらい、「人と人との距離」はあなどれないものなんですよ。というお話でした。

 

新人指導・教育に関する情報を こちら  からお届けしています。


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』