「わからないことがあれば何でも聞いて」は禁句?!

先輩が新人さんに対してついつい言ってしまうのは


「わからないことがあったら何でも(積極的に)聞くようにしてね」


という言葉です。


この言葉は、先輩が新人に対する声かけの 1つであり、優しさの表れだったりもします。


ところが、まだ経験が浅い段階でのその言葉は、新人にプレッシャーを与えてしまう場合があります。


それはいったいなぜなのでしょうか?


その理由を本日の20時に こちら  からお伝えしますね^^


※お昼の12時に7日間、新人教育をしているあなたにとって、重要なメールも届きます^^

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』