「私の言ってること、わかりますか?」

こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


「私の言ってること、わかりますか?」


あなたは、この言葉にどんな印象を受けますか?


この言葉は、 相手が「わかりません」とは言えない雰囲気を与える場合があります。


相手が本当に理解できているのかを確認したいときは、


「私が言ったこと、どんな風に伝わった?」


そして、相手が不安そうにしていたり、いまいち、納得をしていないようであれば、


「もう一度、説明した方がいいかな?」


などと聴くことが大切です。


この方法をとることで、「わかっていないのに、わかったふりをする」ことを防ぐことができますし、「はい。すいませんがもう一度(説明を)お願いします」と相手が言いやすくなります。


人に何かを伝えるときは、「説明したのに、わかってもらえない」ではなく、「自分はどれ位、わかりやすい説明ができているか」と、客観視することが大切です。


たとえ、どんなに的確な説明をしたとしても、相手が理解できるとは限りません。


「伝える=伝わる」ではない のです。


ですから、自分の伝えたいことを単に伝えるだけでなく、とくに重要な報告事項などを伝える際は、「どんな風に伝わったのか」を確認する必要があります。


一方的なコミュニケーションで終わらせるのではなく、相手の理解度も確認する。


これ、大切なことですよ^^


こちらから、新人指導・教育に関する情報をお届けしています^^

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』