これからの新人指導・教育で大切なこと


 

こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


突然ですが、みなさんは、今まで、どのような教育をされて育ってきましたか?


これまでの時代の教育は、「その人の「悪い」ところを直すにはどうするか考える」というやり方が主流でした。


つまり、「こういうところはいいけど、あの部分は、もう少し良くなってもらわないとダメだよね」という考え方です。


人は、自分自身や他人に対して、弱みや欠点に注目する傾向があります。


そして、成長してもらうためには、「欠点を直さなければならない」と思いがちです。


自分自身に対しても、欠点に焦点を当て


「私は○○がないから駄目」


「どうせ私は・・・」などという言葉が口癖になっている人は、とても多いのです。


しかし、これからの教育で大切なのは、 「強みを伸ばす」。


そして「弱みは改善するのではなく活用する」ことです。


これは、30年以上に渡って、200万以上の優秀な人物を調査した結果、


「優秀な人間は、自分の強みを飛躍的に向上させた人々であり、弱みを克服した人ではない」


という、事実に基づいたものです。


日ごろから、自分をはじめ、人の欠点ばかりに目が行きやすい人は、「強み」や「良いところ」に焦点を当てると、意外な気づきと展開が訪れるかも知れません。


誰も教えてくれなかった、「新人指導・教育の方法」をこちらでお伝えしています。

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』