手紙を書いてみませんか?

 


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


あと1ヶ月弱で、新人看護師さんが入職する季節になりましたね。


プリセプターを初めて経験する方も、何度か経験をした方も、この時期は何となくソワソワと落ち着かない時期といったところでしょうか。


そんなそわそわと落ち着きのない時期だからこそ、これからあなたの仲間となる「まだ見ぬ」新人看護師さんにお手紙を書いてみませんか?(^-^)


実は、こんなエピソードがあります。


私が、新人教育担当でプリセプターをしていたころ。


入職してくる新人看護師さんの名前だけは、事前に上司から教えてもらっていました。


その名前をみた瞬間。私、「げ。」と思っちゃいました。


その新人さんは、私が当時、苦手だった人の名前と全く同じだったのです。


あ。今、「名前が同じだったくらいで・・・」と思いました?(^-^)


でも、当時の私にとっては、「げ。」だったのです。


「ただ、単純に名前が同じなだけ・・・。 新人さんには、これっぽっちも罪はない・・・」 ・・・と、自分の中で、言い聞かせていましたが、理性よりも感情が先立つとはこのことですね。


正直、会う前から、まだ会ったこともない新人さんのことを嫌いになっちゃいそうでした(汗)(汗)


そこで考えたのが、まだ見ぬ新人さんに「お手紙を書くこと」。


これから出会う新人さんに、心を込めて、 「この先、いろいろとわからないことも出てくると思うけど、できる限り、私は〇〇さんの力になるからね。よろしくね」といったたぐいの内容をB5くらいの便箋に書き綴りました。


そして、これから新人さんが使用する予定の個人ボックスに入れておきました。


お手紙を書いているとき、「どんなことがあっても、私は新人さんを支えよう。頑張ろう」って、気持ちも引き締まりました。


結果的にその新人さんは、とっても素直で素敵な女性だったのですが、あとになって「あの手紙をもらって、ほんとに嬉しかったです!私のこころの支えになりました(^0^)」と、とても喜んでもらえました。


あなたも、これから一緒に働く大切な仲間に、お手紙を書いてみませんか?(^-^)

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』