スタッフが私の言うことを聞いてくれません

こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


私が脳外科で働いていた時、 「このままだといずれ、患者さんの家族からクレームが来る・・・」 といった危機感のある後輩がいました。


私個人の視点から見ると、患者さんの体位変換も荒々しく、危険人物(^-^;)


若き日の私は、自分より年上な後輩の彼女を、「危険人物!!」として扱っていました(苦)


直接、何度も彼女に対して、警告を発していた私でしたが、 彼女のリアクションは、 「どうしてそんなこと言われるのかがわからない」様子。


「どうして、こんな簡単なことができないかなぁああああ!!(怒)」


「この前言ったのに、何で直さないかなぁああ!(怒)」と、本気で怒っていました。


やり場のない怒り。というやつです。


「もう、バカとしかいいようがないよな。あいつ。どーしよーもねーやつだな(怒)」なんて、本気で思ってました。


しかし、彼女の動向を見ていると、「とあること」に気づきました。


彼女は、親しい仲間と、温和な先輩の言うことには耳を傾けるんです・・・。


当時の私は、とにかく血の気が多い人間でしたので(苦)、彼女を 「正論」+「感情」で追い詰めていたようにも思います。


そして、当時の彼女のモラルのなさに、「どうしてこんな当たり前のことができないかなぁ(怒)」と本気で怒っていました。


あれから15年近くの月日が流れ。


今、しみじみと思うのは。


「バカだったのは、私かもしれない・・・(^-^;)」ということでした。


「正論では人は動かない」ということ。


そうです。


どんなに正しくても人を攻撃し、否定するような相手には正直、 大切なことが伝わるどころか反発を招いてしまいます。


それなのに私は、「なんで他の人の言うことは聞こうとするのに、私の言うことは聞かないのかなあぁぁぁ」と、 『本気』で思っていたところが青かったなぁ・・・。と苦笑しています。


伝えたいからこそ、まずは信頼関係を作る。


わかってほしいからこそ、相手を尊重する。


そんな関係づくり、できていますか?

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』