どうしてみんな、できるのにあなたはできないの?・1

こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。

 

私が2つ目の職場に転職して1ヵ月が経った頃のある日。

 

指導者と、共に回診介助の見学をしました。

 

回診が終わった後、指導者が「内視鏡の準備をしてみて下さい。」と言いました。

 

私は「えっ...」と言い、使い方の説明も何もされていない状態で、そのようなことを言われたので、正直、どうやって使うのかがわからず、戸惑っていました。

 

すると指導者は「○○さん(私)は前の病院で教育担当をやっていたんですよねぇ?あなたならどんな風に指導されたいんですか?」と言い、その眼は怒っているように見えました。

 

私にとっては唐突な質問だったので、質問の意図がすぐにはわかりませんでした。

 

なので、どう答えればいいのかもわからず、再び「え・・・・」と戸惑い、言葉にすることが出来なかったのです。

 

指導者は言いました。

 

「普通はね、みんな、「○○して下さい。」って言ったら、何でもいいからみんなとりあえずは触ってみるの。

 

なのに、あなたは、何を言っても「え..?」とか、「あの..」と言って動こうとしない。

 

それはどうしてなんですか?

 

今まで私が指導してきた人にはそんな、あなたみたいな人、いなかったから、一体、あなたがわかっているのかわかってないのかわからなくて、みんな困っているんです。」と。

 

私は更に、何と返答したらいいのかわからず、無言になりました。

 

当時の私は、とにかく恐怖で手が出せなかったのです。

 

何故なら、使ってみて、「違うでしょ」と言われるのが怖い。

 

正解がなんなのかわからないと、責められそうで、怖い。

 

高い器具を壊してしまったらどうしようと思い、怖い。

 

基本的に私は、考えずして動くことが出来ないタイプのような気がします。

 

それに加え、「あれはどうなっているの?」と聞かれると、普段は饒舌な私であるにも関わらず、「はいっ!あの..」としか言えず、うまく答えがまとまらずに、なかなか返答が出来ませんでした。

 

早く答えを求められているような気がして、逆に、きちんと答えようとしすぎて「あの、えっと..」と考え込んでしまうのです。

 

「知りません」「わかりません」と即答すれば、「何で勉強してこないの」と言われそうで怖い。

 

怖いから、「すみません」ととりあえず謝ってしまう。

 

そんな過去の私がいました。

 

私は自分の今の気持ちを知ってもらうチャンスだと思い、私の思いのたけを答えました。

 

私が何を思い、どのように返答したのか。

 

明日に続きます。 

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』