カンファレンスでムッとした顔で発言をする人について

こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。

 

例えば、カンファレンスや詰所会議などで、何が面白くないのか、ムッとした顔で発言をする人っていますよね(笑)

 

そして、その多くは反対意見だったりします。

 

話の中で大多数の人が「そうだね!この案で行こう!」という話になり、「さぁ。これで会議は終わりかも♪」と思ったときに、「でも、それってさぁ・・・」という反対意見を投げかける人もいます。

 

ムッした顔で発言をする人に対しては、心の中で「どうでもいいけど、何でそんな不機嫌な顔で話すんだよ・・・協調性ないなぁ・・」とイライラしたり。

 

会議が収束に向かいそうなときに「それって違うんじゃない?」などと言われると、「空気読んでよ・・・。会議終わらないじゃん・・・っていうか、もっと早く言えばいいのに・・・」と思う方もいらっしゃるのかも知れませんね。

 

ここで気をつけなければならないことは、イライラした態度で何かを言ってくる人がいた場合は、相手のイライラに巻き込まれないようにする。というところです。

 

イライラに巻き込まれてしまうと、相手の意見が文句に思えてくるんですよね。

 

すると、溜息をつきたい気持ちが出たり、本人は感情的になっているつもりはなくても「それってどういうことなんですか?」と、イライラした態度が出てしまったり。

 

あるいは「○○さんは××と言ってますけど、皆さん、どうしますか?」などと、白黒を早急につけたくなってしまいがちです。

 

しかし、それだと、建設的な解決はできません。

 

自分がその時、カンファレンスの司会だったり、そうではなくても発言できる立場だったとしたら、「この人が、このような意見をいう背景には何があるのだろう?」という視点で興味を持って話を聴くことをおススメします。

 

なぜなら、その意見は、何かの役には立たないとは言い切れないからです。

 

もしかしたら、大多数の意見よりも最もなことを言っているのかも知れません。

 

何よりも、興味を持って聴くということに、意識をシフトさせれば、イライラは消えてしまうのです。

 

イライラした感情と、興味は同時に存在することはできないですから(^-^)

 

相手の不満そうな雰囲気に巻き込まれず、相手の発言の裏にある背景を知る。

 

それは、好奇心がないとできないことですし、逆にいうと、好奇心を持って話を聴くと、思わず話に惹きこまれてしまい、「反対意見」だというレッテルを貼っていたのが、どんどんと面白くなってくることもあります。

 

また、最後の最後になって、今まで何も喋っていないのに「それって違うんじゃない?」と言ったり、話が振り出しに戻るような案を言う人というのも確かにいます。

 

そのような人は、一見、「おいおいおい・・・ここまで話してきたものをぶち壊しにするんかい・・・」などと思いがちですが、これまでの意見を総合的に見て、冷静に分析をした上で意見を述べる、ある意味、貴重な存在であるともいえます。

 

いずれにしても大切なのは、「この人がこの行動をする背景は何?」という想像力をすることなのだと思います。

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』