新人教育をするためにコーチングは必要?

新人教育をするためにコーチングは必要?

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

かなり昔の話になるのですが、

ある方から突然、

 

「新人教育をするなら、コーチングの

資格を取った方がいいのでしょうか?」

 

というメッセージをいただきました。

 

「そのように思う理由は何ですか?」と

聞くと、「肩書があれば、何かの役に

立つかなーと思って」との返答。

 

私が感じたのは「自分の不安な気持ちを、

少しでも解消するために「資格」を持つ

ことで、「安心感」を得たいのではないか?」

ということでした。

 

もちろん、「資格を得る動機」が

何であっても構わないと思います。

 

不安を解消するために学んだ

コーチングが、思っていた以上に、

面白くてはまったというケースだって、

あるでしょうし。

 

話は逸れますが、私とコーチングとの

出逢いは、まさに、導かれたとしか

いいようのない形でした。

 

決め手は直感でした。

 

私は「コーチング」とは何かを、

そのときまでまったく知らなかった

のです。

 

よくよく考えれば、その講座は当時、

数万円などという金額ではなく、

何十万円もするものでした。

 

しかし、私はこのとき、無料説明会に

足を運び、その場で正式に申し込みを

したのです。

 

(後で聞いたら、その場で申し込みを

した人は、私だけだったそうです(笑))

 

私がコーチングを学んだのは、

少なくとも「新人指導をもっと効果的に

したいから」ではなく、実際に学んで

初めて「あ。これって新人教育に

めちゃめちゃ使える!」と気づいたから(遅。)

 

それでね。

 

つい先日、飲み会で後輩に「新人教育」に

関して私が思うことを延々と熱弁して

しまいました。

 

私が飲み会で話したことをもとに、

何を言っていたのかを簡潔にまとめると。

 

・看護の新人教育が何十年経っても

変わらないのは、新人に問題があると

いうより、新人のせいにする「教育者」に

問題があることが多い

 

・自分の指導の不備を無意識に

棚にあげて、「できない新人が悪い」とする

限り、新人はいつまで経っても育たない

 

・本来、指導の仕方で伸びる新人は

たくさんいるのに、自分の期待水準から

外れていると感じる新人を「つまはじき」に

するスタッフが多い

 

・ティーチング・アドバイスが必要な

場面でコーチングを使っても、新人は

育たない

 

・新人教育にコーチングはかなり

役立つが、決して、必須ではない

 

・新人の自立を促すことを目的に

「自分で考えて」など、丸投げするのは

好ましくない

 

・新人教育に一番、必要なのは、

アドバイス、ティーチング、コーチング、

コミュニケーションスキルではなく、

「自分ができる範囲で、最大限に

新人の人生をもひっくるめたサポートをする」

という「スタンス」が大切だということ

 

・上層部から、「新人に怒ってはならない」

「優しくしなければならない」という通達が

あり、不満に思っている部下は多いが、

ことの真意を理解しているスタッフは少ない。

怒ってはならない、優しくしなければならない。

のではなく、信頼関係を築いたうえであれば、

必ずしも、上記通達は該当しない。

 

そんな感じのことを、饒舌に熱弁・・・。

まー。語らせたらえんえんとしゃべるわ、

私(爆)まぁ、最近は、そんな感じです^^  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

ちょっとだけ、できる看護師になるためには

ちょっとだけ、できる看護師になるためには

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

これは、どちらかというと、

リーダー業務を している人向け。

ですが、 リーダー業務をしていない

人にとっても、大切なことなので、

ぜひ、お読みくださいね(^-^)

 

医者から指示の変更があった場合、

プラスαで、確認しておいてほしい

ことがあります。

 

たとえば。

 

鎮痛剤や睡眠薬、安定剤の量が

増量した患者さんの場合。

 

もともとある、臨時薬の指示は、

続行なのか、中止なのかという

ことまで、医者に確認して欲しいんです。

 

具体的にいうと、

 

事例1

 

もともと、「疼痛時ボルタレン25mg1錠内服」

の頓服指示がある患者さんに、

ボルタレン3T/3× 7TD。の指示が出た場合。

 

頓服の指示は、この期間、適応と

なるのか。とか。

 

事例2

 

向精神薬が増量した患者さんの、

不穏時の指示に変更はないのか。とか。

 

内服の指示に変更があると、

頓服時の指示が、変わる場合が

あるんです。

 

日勤で頓服を使う場合は、その都度、

確認できるので、別にいいんですが。

 

夜間帯で深夜2時とかだと、

正直、困るんだな・・・(^-^;)

 

だって、そんな時間に、 いちいち

医者に電話して、「ボルタレン3T/3×

で内服開始となった患者さんなんですが、

痛みを訴えているんですけど、

頓服の指示は継続ですか?」って

聞くのって、 気が引けるんですよね。

 

で、「そんなの、そのときに医者に

コールして確認すればいいだけじゃん」と

言われれば 「そりゃ、そーだ」ですし。

 

そんなの、夜勤前に情報取れば、

わかるじゃん。と言われれば、

そーなんですけど。

 

ぶっちゃけ、「日勤のリーダーさん、

確認しておいてくれたら、助かるん

だけどな(^-^;)」と 思うこと、よくあります。

 

で、「ボルタレン3×で出てますけど、

じゃあ、臨時のボルタレンは継続という

ことでいいですか?」 とリーダーさんに

聞いたら。

 

「え・・・。あ。そこまで先生に聞いてない。

別にいいんじゃない?」 と言われると。

 

「いいんじゃない?」では困るのよー(涙) って、

私は思っちゃう。

 

リーダーをする人は、推測や自己判断で

発言されては困ること、多々あります。

 

「いいと思うけれど」

「別にいいんじゃない?」

「大丈夫じゃないかなー」

 

確かに、それで大丈夫な

ときもあります。

 

で、実際、大丈夫なことも多いの。

 

でもね。私が言いたいのは、

そういうことではないんだよなー。って。

 

「きちんと、確認すべきことを

しかるべき人に確認したうえでの

判断なんだよね?」 っていうこと。

 

最近の私の仕事における「名言?」

座右の銘?」は。

 

「極力、憶測で仕事はしないようにする」。です。

 

だって、看護師の仕事って、

「医師の指示のもと」ですからね。

一応。。。

 

だから、指示変更のときは、

できるだけ、 「ほかの指示に関して

変更はないかな?」 という視点で、

考えてみてくださいね(^-^)  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

退職を引き留められ、困っています

退職を引き留められ、困っています

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

ナースプラスさまで 「Q&Aで

悩みスッキリ~ハッピーナース

養成講座」の一部を担当しています。

 

看護師のみなさんからいただいた

ご相談にスペシャリストとして私が

お答えしています(^-^)

 

-----

 

『退職を引き留められ、困っています』

 

【ご相談内容】

 

以前から、ほかの病院の救急で働く

先輩に「人が足りないので来てほしい」と

誘われていました。

 

看護師の仕事が好きで、いずれは

エキスパートをめざしたいので、

半年くらい悩んで転職を決断しました。

 

しかし、いざ師長に退職のことを話すと、

「人出不足で中堅層がいないと困る」と

引き留められました。

 

決断が揺らいでしまいそうです……。

 

-----

 

さて。私はどのような回答をしたの

でしょうか。 詳しくはこちらから  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

新人の尻拭いばかりするのは、もううんざりです・・・

新人の尻拭いばかりするのは、もううんざりです・・・

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

新人さんは、とにかく仕事の

「抜け」が多いです。

 

そりゃあ、そうです。

 

ベテランでさえ、「抜ける」ときは

抜けますし(汗)

 

それにしても・・・。

 

「あれだけきっちり教えたのに、

なぜ抜ける?」

 

「これだけ何回もやっているのに、

なぜ抜ける?」

 

あまりにも抜けていることが多すぎて・・・。

 

新人の仕事がいつまで経っても

終わらない!!

 

このままだと、指導している私は、

いつ帰れるの?!(涙)とか。

 

もしくは、自分が夜勤をしているときに、

新人の仕事の「抜け」に気づき。

 

それをフォローするのに思わぬ時間を

要し、イライライライライラ・・・。

 

そんなときもありますよね。

私も、よくありました(苦)

 

「いやー。もう、何であたしが

尻拭いばかりしなきゃなんないの?!」

 

と思い、再び新人が出勤したときに、

つい、「この前の○○、抜けてたん

だけど・・・」とイライラしながら

言っているのに、新人は

「すいませんでしたー!」とあっさり。

 

心のなかで、「おめー!すいませんの

一言で済まないくらい、こっちは大変

だったんだぞ!!!(怒)

・・・もういい。もういい。もういい!!!

やってらんねー!(怒)こいつ、何も

反省してない。もう、ムリ!!!」

 

・・・良くある光景です(苦)

 

そうかと思えば、2年目、3年目の

「抜け」も次から次へと発覚し。

 

「もう、ありえないんだけど!(怒)

なんで私ばっかりこんな目に・・・(涙)」と

思うことも、少なくはないはずです。

 

この、やりきれない思いは一体、

どのように捉えると良いのでしょうか。

 

新人教育は、現場において決して

避けては通れない道です。

 

そして、自身の経験を積めば積むほど、

「指導者も新人もストレスが少なくなる

アプローチ」が必要です。

 

ですから、新人の「抜け」に対し、

「いつ」、「どの段階で」、「何をどこまで」、

「伝えるのか、伝えないのか」。

 

もしくは、「自分が肩代わりをするのか、

相手に責任を取ってもらうのか」という

見極め力を磨くことは非常に大切なことで

あり、これは自分の自己犠牲心と

向きあうことにもなります。

 

このような場面は、日常のなかで

遭遇する機会が非常に多いので、

ケースバイケースも体験できるだけで

なく、こういう能力は体験しないと

身につかない、貴重な経験だったりも

するのです。  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

急変時の対応で覚えておきたいこと

急変時の対応で覚えておきたいこと

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

ナースプラス様でコラムの執筆を

担当しています。

 

今回のテーマは 「急変時の対応で

覚えておきたいこと」 についてです。

 

患者さんの急変時は、スピーディーな

対応や的確な判断などさまざまな能力

が要求されるもの。

 

急変時の対応について、覚えておきたい

ことを私の経験からご紹介します。

 

詳しくは こちら から  

 

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

現実から目をそらしてもいいですよ

現実から目をそらしてもいいですよ

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

つねづね、自分とちゃんと

向き合いたいのにな・・・。

となんとなく思いながらも、

ただ変わらない毎日を過ごすこと

って、ないですか?

 

自分に問題があると言えば、

大いに問題がある。

なんとかしたいと思う。

 

でも、かといって、具体的な行動に

移すことすらもできないんだよね・・・

という、日常の慢性的な

「自分に対する嫌悪感」

というか疑問っていうか。

 

でも、実は、そういう慢性的な

不快感をどうにかしたいと

思ってもできないときって、

 

別に「何とかしなくても

いいとき」っていうか、

何となく毎日を過ごして

てもいいじゃない。

ってことだったりもするのです。

 

自分の人生という大きなくくりで

物事を考えたとき。

 

まさに「魂からの問いかけ」みたいに。

 

試されごとみたいに。

 

本当に「もう、どうやっても、

逃げることは絶対にできない」と、

崖っぷちに立たされるときって

誰にでも最低一回はある。

 

そして実際、一年ほど前の私は、

まさに 「この状況からはもう、

どんなにあがいても、逃げることも

目をそらすこともできない現実なのだ」 と、

自分の中ではっきり認識せざるをえない

ようなつらいことが起きたので、

 

「逃げたくても逃げられない状況」が

どれだけつらく、しんどいものかを感じ、

涙が止まりませんでした。

 

おそらくこの出来事は、

今後の私が新しい生き方を歩む上で、

重要な局面でもあったと思うし、

きっと、これからも、さまざまに感情や

思いに揺さぶられつつ、幾度も自問自答

しながら、「自分」を創り上げていかなけ

ればならない壮大な課題であるとも

思うのです。

 

私の、生き方。を。

 

で、そういう「絶体絶命」のときって、

ある日突然やってくる。

 

前日までの幸せな生活には

二度と戻れないという悲嘆や恐怖、

恐れは本当に、ある日突然

やってきます。

 

だからある意味、そのときが

来るまで・・・というか、来ない人も

いるだろうし、来ないことを

望みたいのですが(^-^;)

 

でも、本当に逃げられない窮地に

立った私が改めて思うのは。

 

「逃げられない・・・」となるまで

現実から目をそらしても

いいのかもしれないと思いますよ。

 

仕事のこともそうだし、

家庭のこともそうだし、

性格のこともそうだし。

 

なんとなく毎日を過ごすって

いうことも。

 

あなたが満足している、

していないは別として、

それさえも、大切な人生の一部

だったりするのですから(^-^)  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

「仕事ができる」と豪語する人が他者に責任を押し付ける理由

「仕事ができる」と豪語する人が他者に責任を押し付ける理由

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

以前、「だいたいさぁ、『私って仕事が

できるし』とか言って、自画自賛する人に

限って、自分のミスを棚に上げたり、

挙句の果てには、まったく自分には

責任がないかのように『誰がやったの?

これ?!』とか言う人っているよね~。

マジで信じられない!」

 

という会話を、たまたま耳にしました。

 

「自分は仕事ができる」と自負する人は、

大別して2種類のパターンがあります。

 

まず一つめは、「自己信頼」がきちんと

できている人の場合。

 

そういう人が仮に、「私は仕事ができる」と

言うときは嫌味でも何でもなく、非常に

さらりと、その言葉を口にするため、

周囲から反感を買うことはほとんど

ありません。

 

また、「ほんと、そうですよね~」という

羨望や納得で終わることがほとんどです。

 

このような人が、なぜ、反感を買わないか

というと、決して自分を誇示しないですし、

人のせいにしたり、人に責任を押し付け

たりもしません。

 

そして、有言実行が伴っているので、

周囲の人々が納得しやすいのです。

 

要するに、その人の「普段の在り方」をも

含め、信頼できるからこそであると

思います。

 

逆に、もう一つは、「とにかく人に認めて

もらいたい」という欲求が強いのと同時に、

理想の自分とかけ離れている自分を

認めることが、非常に怖い。

(本人は気がついていません)

 

ですから、いつの間にか、理想の自分を

演じていることにすら気づかず、あたかも

理想像を演じる自分が、本当の自分で

あるように錯覚するケースも少なくは

ありません。

 

他から見れば、その相手の姿は「メッキ」に

しか見えず、それがはがれた時の本人自身

が元々の姿であると思っていても。

 

その相手自身が、「理想とは違う自分」の

ことを「自分である」とは全く認めていない

ので、ミスを棚に上げたり、責任転嫁を

しやすいのではないかと考えると

納得がいきます。

 

このような人は、本当の自分を見つめる

勇気がないので、当然、相手の指摘などは

受け入れられるはずもありません。

 

つまり、自分で自分を傷つけて怯えて

いるのですから、他者からの何気ない

一言など、「怖くて」受け入れられない

のです。

 

しかし、そうであるにも関わらず、

人にはとてもとても認めて欲しい

ですから(逆に、自分を認めて

もらえなければ、自分の価値を

認められない)、

 

「私って仕事できるでしょ~」などと

いって、同意を無理にもらおうと

するのもうなづけます。

 

ですから、このようなスタッフが

身近にいる場合は、いちいち、頭にくる

よりは、この図式というか、考え方にそって、

相手を観察してみて下さい。

 

むやみに怒るのは、「理由がわからない

から」だということが往々にしてあります。

 

相手が取る行動の理由が、心理学的に

腑に落ちたとき。

 

そこには、感じていた「怒り」は少なく

なるのではないかと思います。  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』